新年度は特に子どもの気持ちに寄り添った運動指導を大事にしましょう。

新年度が始まり、新しく保育園や幼稚園に

入園した子ども達の中には、

新しい友達と一緒に遊べるようになった子、

まだ慣れなくてうまく遊べない子、

いろいろな子ども達がいます。

 

運動あそびを提供する時も、この時期はいつもより

丁寧に指導をするようにしています。

なかなかみんなの中に入って活動するのが苦手な子には、

無理に参加させず、参加したくなるような声掛けや

楽しい導入を大事にしています。

 

無理やりではなく自主的に取り組むことが

一番大切なことなので、子どもの気持ちに寄り添いながら

楽しく体を動かすことができるようにしています。

 

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムの

「芋虫バランス」をご紹介します。

平均台を2本、横に並べてくっつけておきます。

この平均台の上にうつ伏せで乗り、

両手も両足も平均台の横を挟むようにします。

そして、手足を尺取虫のように動かして進んでいきます。

 

腕を引き付ける力や、バランスを取る腹筋背筋が刺激されます。

さらにこの力を強く養うために、

慣れてきたら足を平均台に上にまっすぐにして乗せ、

手の力だけで進むようにします。

こうするともっと腕に力を入れることや、

足が落ちないようにより腹筋背筋に力を入れて

バランスをとることも必要になります。

 

子ども達の様子に合わせて難易度調整をしながら

遊んでみてください。