1歳を過ぎるといろいろな全身運動ができるようになります。大人と一緒に体を動かして遊びましょう。

1歳から1歳半頃の子どもは、一人歩きを始めたり、

ちょっとした段差を跳び下りられるようになったり、

いろいろな全身運動ができるようになってきます。

また、大人の真似をしたがる時期にもなるので

それをうまく使ってさらに発達を促していきましょう。

 

 

こどもプラスでは、子どもの発達を促すために

柳澤運動プログラムによる運動あそびを提供しています。

小さい頃から体を動かしているかどうかが、

後の学習に向かう力や、社会生活を営む力につながってくるので

楽しく子どもの興味を惹きながら行なえるように

しっかり考えられたプログラムになっています。

 

柳澤運動プログラムの「跳び箱からジャンプ」をご紹介します。

跳び箱の上に乗ったら、足を閉じて腕を振りながら

ジャンプし、両足で着地します。

 

跳ぶ時も着地の時も、足がバラバラにならないように

閉じた状態で行なうのがポイントです。

そうすることでしっかり腹筋などの筋肉を使えるので、

体幹の力が強く育ってきます。

 

腹筋など体幹の筋力は、運動の場面だけでなく

日常生活でのまっすぐ立つ、歩く、走る、姿勢よく座るという

動作にも必ず必要になってくる力なので、

幼児期から刺激することがとても大切になります。

ジャンプ遊びでは効果的に体幹を育てることができるので、

ぜひ運動の時間だけでなく日常の中にも

積極的に取り入れてみてください。