幼児期の遊びの中で社会性や感情のコントロール力を身につけていきましょう。

今の子ども達は、昔に比べて感情のコントロールができるようになる

年齢が遅くなっているといわれています。

些細なことで取っ組み合いの大喧嘩になって

エスカレートしてしまったり、

加減がわからずに相手に大怪我をさせてしまったりすることもあります。

 

きょうだいが減ったり同年齢や異年齢の友達との遊びの

機会が大幅に減ってしまっていること、

公園や空き地が減ったこと、塾や習い事で子どもが忙しいこと

など複数の環境の変化もありますが、

できるだけ子ども同士で社会性を身につける機会を

増やせるように、大人も働きかけていくことが必要だと思います。

 

 

こどもプラスでは運動あそびで子ども達の

心・体・脳の健全な発達を促していきます。

柳澤運動プログラムの中から

「腕曲げ我慢ゲーム」をご紹介します。

 

鉄棒に逆手につかまったら、脇を締めて

腕を曲げてぶら下がります。

膝も曲げて持ち上げ、体を小さく丸くするイメージで行ないます。

この姿勢で、誰が一番長くぶら下がっていられるか

競争をしてみます。

 

競争にすることで限界まで力を出すことができ、

効果的に力をつけることができます。

また、勝ち負けを味わったり

友達を応援したりすることも大事なので、

競争の要素も適度に遊びの中に取り入れるのがおすすめです。