まずは楽しく体を動かすことから始め、運動を好きになれるようにしましょう。

私達は運動あそびを提供することによって、

子ども達に運動を好きになってもらうことを大切にしています。

「好きこそものの上手なれ」という言葉があるように、

好きなことにはどんどん挑戦することができ、

自然とスキルアップしていくことができます。

 

同じように体を動かしていても、

無理やりやらされた運動では上達も目指せませんし、

何より運動嫌いになってしまいます。

運動を好きになることが日常的に体を動かす習慣につながり、

健康維持や将来の可能性を広げることにつながります。

 

 

柳澤運動プログラムの中から「カエルの縄越え」をご紹介します。

1本のゴム紐を床から5cmほどに高さに張ります。

子ども達は足を開いてしゃがみ、両手を中についた

カエルの姿勢でジャンプして跳び越します。

 

カエルさんは、手足同時にジャンプして

手足同時に着地する動きなので、

着地の時もしっかり両手をパーにしてつくようにします。

そして、左右の手がバラバラにならないように意識しましょう。

 

障害物の位置を視覚でとらえ、ジャンプの位置や高さ、

力の入れ加減などを調整することで

空間認知能力や身体コントロール力が上がります。

慌てずに1回1回しっかりジャンプし、

体の連動性を高めていきましょう。

 

年少児の最初のうちは、楽しく安全にできれば良いので、

あまり形にこだわらず、まずは楽しく体を動かすことを

一番大事にしていくようにしましょう。