新しい環境になじむのに時間がかかる子には不安な気持ちに寄り添っていきましょう。

何かと新しいことが始まったり、環境が変わるこの季節は

期待と不安が入り混じり、不安定になりやすい時期です。

子ども達の不安な気持ちに寄り添いながら、

少しずつ自信を持って取り組んでいけるように働きかけることが大切です。

 

私達が運動あそびを提供するときも

慣れるまでの時期は特に楽しい活動を心がけています。

柳澤運動プログラムでは、

導入の段階から子ども達がわくわくするような

ストーリー設定ややってみたくなる遊び方で

子ども達の興味を惹きつけることができます。

 

その柳澤運動プログラムの中から

「陸上バタフライ」をご紹介します。

子ども達は周りの友達と間隔を空けておき、

腕を大きく回しながらその場でジャンプをします。

腕を伸ばして、両足を閉じて大きくジャンプしてみましょう。

 

腕を回しながら跳ぶ動きは、

上半身と下半身で別々の動きをするので

慣れるまでは難しいですが、

できるようになると短縄跳びの上達につながります。

腕回しとジャンプのタイミングが合うように、

ゆっくり大きな動きで練習してみてください。

 

短縄跳びは複雑で難しいので、最初は縄を使わずに

動きを分解して練習していくのが

スムーズな習得のポイントです。