子どもの発達段階に合わせた運動の提供が上達のポイントです。

子ども達が成長する中で、できなかったことができるようになると、

本人はもちろん親にとってもとても嬉しいことです。

しかし、できるようになることを急かしすぎると

かえって良くない結果になることがあるので、

段階を大事にしながら見守っていくことが大切です。

 

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムでは

子どもの発達段階に応じた動きを、

スモールステップで積み重ねていきます。

柳澤運動プログラムから「まねっこ歩き」をご紹介します。

 

子ども達は指導者を先頭にして一列に並び、

前後の友達と一定の距離を保ちながら歩いていきます。

前のお友達にぶつかったり、

反対に間が空きすぎたりしないようにすることで

空間認知力を養います。

 

歩いていく途中で、指導者がいろいろな動作をします。

両手を頭の上に乗せたり、横に広げたり、

それを鳥の羽のように動かしたり

いろいろな動作をするので、子ども達はそれを真似します。

 

前の友達と一定の距離を保ちながら歩くことを

意識しつつ、指導者の動きをよく見ていて
素早く真似できるようにすることで、

集中力や判断力、イメージ力、模倣力、

社会性などの力が養われます。

 

これらの力が弱い子は、列から外れてしまったり

上手に真似をして歩くことができません。

最初から難しい動作を入れるとうまくできなくて

楽しくなくなってしまうことがあるので、

動作は単純で真似しやすいものから始め、

 

徐々に複雑に、切り替えも速くしていきながら

子ども達の能力を少しずつ確実に育てていきましょう。