子どもがどれだけ遊んできたかが、その後の学習に大きく影響します。

子ども達にとって遊びこそが最大の学びの場ですが、

その遊びを幼児期にどれだけ経験してきたかが

その後の学習に向かう力や、粘り強くがんばる力、

新しいことに挑戦していく力、

協調性や感情をコントロールする力などにつながります。

 

子ども達が遊びの中でより多くの経験をし、

生きるための基礎となる力をしっかりと身につけて

いけるように促すことが周囲の大人の役目です。

 

柳澤運動プログラムでは、遊びに認知的な要素をプラスし、

さらに子ども達の発達を促していきます。

そのプログラムの中から「ポイントジャンプ」をご紹介します。

ダンボールやヨガマットなどをA4サイズくらいに切って、

乗っても滑らないようにしたら、それを石に見立てて

床にランダムに配置します。

 

子ども達は足を閉じたカンガルーに変身し、

石の上だけを両足ジャンプで渡っていきます。

石から落ちると池に落ちて敵に見つかってしまう

という設定で、石から落ちないこと、

足音を立てない静かなジャンプをすることの

動機付けをして行ないます。

 

石と石の距離がランダムなことで、跳ぶ前に

石との距離を測り、ジャンプの大きさや力の入れ具合を

計算することが必要になります。

また、どのコースを進んでいけば早く渡れるかや、

着地した後次のジャンプに素早く移行するためには

どんな姿勢が良いかなどを、

毎回頭の中でシュミレーションすることができます。

 

慣れてきたら石に複数の色をつけて、

「赤は乗ってはだめ」「黄色以外は乗っても良い」

「葉っぱの色だけ乗っても良い」など

色の指定をしながら行い、

認識力や記憶力、イメージ力などを刺激しながら

ジャンプ遊びで体幹や下半身の筋力を育てていきましょう。