2歳3歳で言葉の遅れが気になることは多いですが、発達を総合的に見ていくことが大切です。

子どもが2歳になっても言葉が出なかったり、

3歳になってもしっかりした言葉を話さなかったりすると

検診で指摘されることもあり、心配になるものです。

しかし、言葉を話し始める時期には個人差があり、

必ずしも発達障害を疑う必要はありません。

 

発達障害は言葉の遅れだけでなく

総合的な発達を見て診断するものなので、

言葉の遅れ以外に心配なことがなければ、

慌てず子どもの発達を見守り促していくことが大切です。

 

 

私達が提供している柳沢運動プログラムの中から

「クマの姿勢で足じゃんけん」をご紹介します。

友達と2人組になり、向かい合ったら

四つんばいから膝とお尻を上げたクマの姿勢になります。

そしたら顔を上げて相手を見ながら、

2人でタイミングを合わせて足でじゃんけんをします。

 

両手は床について固定したままで足だけを動かします。

グーは両足を閉じてしゃがんだ姿勢。

チョキは片足を曲げてしゃがみ、

もう片方を後ろに出して伸ばした姿勢。

パーは両足を伸ばして横に大きく広げた姿勢です。

じゃんけんのリズムに合わせてタイミングよく足を蹴り上げ、

グーチョキパーを正確に表現するようにします。

 

手を床について身体を浮かせることで腕の力がつき、

足を蹴り上げた時にバランスをとる腹筋背筋、

見えない位置で足を正確に動かす空間認知力や身体コントロール力、

さらに上半身と下半身を連動する力などが養われます。

 

そして、相手を意識して一緒に動くことで協調性や社会性が
養われるので、繰り返し遊べるようにペアを変えたり、

じゃんけんの後に他の動きをプラスしたり、

いろいろなアレンジを加えながら遊んでみてください。