全身運動の獲得から指先の細かな動きの獲得につなげていきましょう。

箸を上手に使ったり、服のボタンを留めること、

靴の紐を上手に結ぶことなどの手先の細かな動作は、

ある年齢になれば急にできるようになるものではありません。

 

まずは全身運動で体の軸が育ち、

肩や腕に力を入れて押したり引っ張ったり支えたりする経験から、

次第に手先の動きをコントロールできるようになっていきます。

そして、繰り返し行なうことで細かな動きも上達していくので、

より多くの経験が大切です。

 

運動あそびで全身運動も微細運動もバランスよく

体験して力をつけていきましょう。

 

 

柳澤運動プログラムから「指先でカップ運び」をご紹介します。

子ども達は数人ずつのグループに分かれ、

グループごとで横一列に並びます。

そして、体操座りのように膝を立てて座り、

両手は後ろ側についておきます。

 

そして、一番端の子どもから足だけを使って

カップを隣の子にどんどん渡して運んでいきます。

カップを持ち上げる時は、両足の指先で挟んでも

片方の足の指先だけで挟んでもどちらでも良いので、

スムーズに隣の子に渡していけるようにします。

 

どの位置が相手が受け取りやすいかを考えたり、

相手がしっかり受け取ってから離すようにしたり、

やっていく中でいろいろなことを考えられるように

声掛けをしたり、話し合う時間をとっていきましょう。

 

慣れてきたらリレー形式で競争にするのも、

子ども達が本気を出して取り組み、

仲間と一緒に遊ぶ楽しさを感じたり

勝って嬉しい気持ちや負けて悔しい気持ちなどを

共有することができるのでおすすめです。