小学校入学に向けて気にしたいには、学力よりも「生活力」です。

3月も後半に差し掛かり、小学校入学を控えたご家庭では

入学準備が進んでいる頃だと思います。

小学校入学に向けて学習面を気にされる方も多いですが、

もっと大事なのは生活力を身につけておくことです。

 

年長児のうちに正しい生活リズムと基本的な身の回りの始末が

できるようにしておきたいものです。

 

 

柳澤運動プログラムから「大縄のポイント走り抜け」をご紹介します。

大縄を通常の大縄跳びのように大きく回します。

まずは、この回っている大縄の中を

正面から入って一気に走り抜ける遊びをしておきます。

 

タイミングを見計らって縄の中を走り抜けることが

できるようになったら、次は走り抜けるコースを指定します。

右から入って斜め左に抜けるコース、
直線に抜けるコース、左から入って斜め右に抜けるコースの3つです。

入るポイントと出るポイントがわかりやすいように、

フープやコーンで目印を作っておくのが良いと思います。

 

コースを気にせずただ走り抜けるだけの時は

縄の位置だけ意識すれば良かったのですが、
進むコースが決まっていることで、

縄の動きと入り口と出口の位置にも意識を向けなければいけません。

 

繰り返し行なうことで、リズム感や空間認知力、判断力、

2つのことに同時に意識を向ける力を

強く育てていくことができるので、

子ども達が楽しめるような工夫を取り入れながら

たくさん遊んでいきましょう。