言葉の遅れには気になる場合と様子を見ても良い場合があります。

2歳3歳頃までの子どもの言葉の発達スピードは個人差が大きく、

言葉が遅いと感じても心配のない場合が多いですが、

話せる単語が50語より少なかったり、

話せていたのに言葉が減ってきているなどの場合には

専門家に相談してみる方が良いかもしれません。

 

また、言葉の発達だけでなく全体的な発達を総合的に見て

あげることが大切です。

 

 

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

運動療育プログラムから「すり足でジャングルツアー」をご紹介します。

ホールの中に平均台、縄、コーン、跳び箱など

いろいろな器具を使ってコースを作ります。

様々な動き方ができるように、

横向きで進むところ、後ろ向きで進むところ、

ジャンプするところ、くぐるところなどを作りましょう。

 

そして、そのコースの中をすり足で音を立てないように

静かに歩きながら進んでいきます。

ジャングルの中で、「見つからないように」「捕まらないように」

という設定が静かに歩く動機付けになります。

また、すり足で歩くことでいつもと違う筋肉を刺激することができ、

バランスをとる力も高まります。

 

コースは子ども達と相談しながらどんどんアレンジを加え、

楽しく参加できるようにしていきましょう。

障害物のアレンジの他にも、両手を頭の上に固定して歩いたり、

アヒル歩きで歩いたりと動き方を変えるだけでも

違った動きができるのでおすすめです。