幼児期は発達の個人差が大きいので、全体的に子どもを見ていく必要があります。

子ども達の発達の中には、運動が得意な子、

お絵かきが得意な子、ピアノが得意な子など

個々に得意なもの、不得意なものがあり、

小さいうちから全てを完璧にこなせる子はほぼいないでしょう。

そこで、何か人より苦手なことがあっても

焦ったり心配しすぎず、発達を見守っていくことも大切です。

 

「運動あそび」は、体の発達だけでなく手先の器用さや

想像力、集中力、挑戦心など様々な力を育てます。

ぜひ子ども達の生活の中に、日常的に取り入れてほしいと思います。

 

 

柳澤運動プログラムの「クマ忍者の修業」をご紹介します。

マットを2枚用意し、真ん中に40cmほどの隙間を空けて並べます。

子ども達は1人ずつ、スタートラインからクマ歩きで

歩いてきたら、マットの隙間に入ります。

そして、まずは右のマットにジャンプして乗り、

次は左のマットへジャンプ、また右のマットへジャンプ

というように繰り返し横方向へのジャンプを行ないます。

 

側転につながる動きなので、そんなイメージで

マットの隙間を広げてみたり、

指定したポイントに着地できるようにしたり、

足をできるだけ高く上げるように挑戦してみたり

しながら、レベルアップを目指して遊びましょう。

 

腕の支持力はもちろん、体を空中で安定させるための

腹筋や背筋も強く育ち、身体コントロール力が身につきます。

子ども達が本気で取り組めるように「忍者の修業」として

取り組んでみるのもおすすめです。