運動をすることが、結果学力も向上させてくれます。

子どもに「運動神経が良くて頭の良い子になってほしい」

と望まない親はあまりいないと思います。

この場合の「頭が良い」は学力を指していることが多いですが、

小さい頃から勉強ばかりをさせても効果的ではありません。

「運動」を組み合わせてあげることで、

効果的に脳の発達を促していくことが大切です。

 

運動して筋肉を動かすことが脳に良い刺激を与え、

集中力を高めてくれるので、その後の学習効率があがります。

ぜひ勉強だけでなく運動も積極的に取り入れていきましょう。

 

柳澤運動プログラムの「宝取りゲーム」をご紹介します。

子ども達を2つのチームに分け、カラー帽子などで

敵、味方がわかりやすいようにしておきます。

ホールの真ん中に線を引いて陣地も分けます。

それぞれの陣地の中には「宝」(カップやぬいぐるみなど)があり、

相手チームの宝を取って自分のチームに戻れたら勝ちです。

敵の陣地では、敵に捕まる可能性があります。

 

敵を捕まえて良いのは自分の陣地の中だけです。

捕まった子は、敵陣地の牢屋(マットの上など)に入ります。

味方がタッチしてくれれば復活することができます。

 

宝を取るためには、相手がどこに注意を向けているかや、

どのコースを進めば敵に捕まらずに宝を取ることができるか

といったことを瞬時に判断しながら、

仲間と協力して動くことが必要になり、社会性が強く育ちます。

さらに、宝を取るだけでなく、捕まった味方も助けなければいけません。

 

味方同士で協力して役割分担をしながらできると良いので、

1回目が終わったら、チームごとに作戦タイムを取り、

今のやり方がどうだったか、次はどんな風にすればうまくいくかなどを

話し合う時間を設けましょう。

子ども達だけで答えや作戦を導きだせることが大切なので、

指導者はヒントを与えるだけにして

子どものコミュニケーション力や問題解決力を高めましょう。

 

保育園や幼稚園の年長さん頃になると

上手に遊べるようになってくると思います。

こんな遊びで、集団遊びの楽しさを味わってもらいながら

頭と体を動かして遊べるように促しましょう。