子どものかんしゃくは5歳頃にはおさまるのでうまく付き合っていきましょう。

小さい子どもがかんしゃくを起こすことはよくあります。

一般的に2歳頃から始まり、5歳頃には消失してきます。

原因としてはまだ感情をコントロールする脳が未熟であることや、

気持ちをうまく相手に伝えられないこと、

頭ではわかっていてもうまくできないことなどがあります。

 

子どもがよくかんしゃくを起こすと親としても

対応に苦労してしまいますが、

気持ちを代弁してあげたり、安心させてあげながら

成長の証と考え、見守ってあげることが大切です。

 

言葉による会話がスムーズになるとかんしゃくも減ってくるので、

言葉の発達も積極的に促していきましょう。

 

 

柳澤運動プログラムの「さるのカップキック」をご紹介します。

鉄棒に肘を曲げたままぶら下がり、おさるさんに変身します。

しっかり脇を締めて懸垂のような形になるように、

脇に「魔法ののり」を塗ったりしながら、

力を入れる場所を触ってあげるとやりやすくなります。

 

さるの姿勢でぶら下がれたら、指導者は鉄棒の前で

赤と青のカップを持ち、子どものお腹の高さに出します。

そして、キックするカップの色を指示し、キックしてもらいます。

 

色の指示は「赤」だけでなく「トマト」や「青じゃない方」

にしたり、ぶら下がる前に「赤→赤→青」の順番でキックするように

伝えたりしながら、行なってみましょう。

 

キックは両足キックが理想ですが、最初は片足でも良いです。

また、キックの時に肘が伸びてしまうと

体を左右に振りにくくなるので正確にカップの位置に

キックをすることができません。

必ず肘を曲げた状態でできるように、

日ごろからの取り組みも大切にしていきましょう。