模倣遊びは幼児の発達にとても重要な要素です。

子ども達の遊びを見ると、おままごとや戦いごっこなど

まねっこ遊びが多く存在します。

子どもの発達においてはこの模倣の発達がとても重要です。

まず、人や物の動きをよく見ようとする力、

手や足など体の部位の位置を正確に把握し、

動きをコントロールする調整力、

他者を意識することで社会性なども強く養われます。

 

日々の活動や遊びの中に模倣の要素を積極的に

取り入れていきましょう。

柳澤運動プログラムから「指導者の指真似(左右の手で別の動き)」

をご紹介します。

子ども達と向かい合ったら、最初はグーチョキパーなどで遊び、

指導者の手をよく見て真似をすることを促します。

 

指の数を変えたり、「右手の2人が左手に移動しました。

どんな形になったかな?」などの表現も取り入れ、

考えながら遊べるようにしましょう。

さらに、指をヘビやきつねなどの動物に見立てて、

左右の手で会話をするような遊びもおすすめです。

 

いろいろな方法で遊びを膨らませながら、

イメージ力や手先の器用さ、コミュニケーション力などの

向上もはかっていきましょう。