表情遊びで相手を感じ取る力を養い、社会性を育んでいきましょう。

本来子ども達は、生活上での人とのコミュニケーションによって

自然と喜怒哀楽が発生して顔の筋肉やイメージ力などが

刺激されて感情を表情に表すことができていきますが、

最近は無表情な子どもも多くなっています。

 

社会生活の中では、相手の表情を見て感情を推察することも

必要なスキルになるので、子どものうちにしっかりと

相手を感じたり、相手のことを考える力を育てていきたいものです。

 

柳澤運動プログラムの「お顔の体操」→「表情当てゲーム」

をご紹介します。

まず、指導者と一緒に喜怒哀楽の表情を作ってみます。

指導者の真似をしながら、顔の筋肉をたくさん動かしましょう。

イメージ力や記憶力を刺激できるように、

「嬉しい顔」といった言い方だけでなく

「ケーキを食べた時の顔」「友達とけんかしちゃった時の顔」

などの伝え方でもやってみてください。

 

慣れてきたら指導者や友達の表情を当てるゲームもおすすめです。

1つ1つの表情を速く変化させたり、

表情+動作にしてみたりしながら、

相手を強く感じたり、判断力をアップさせることも狙っていきましょう。