幼児期には体の「調整力」を身につけることがとても重要です。

幼児期は神経系が急速に発達する時期なので、

「バランスをとる」「変化に素早く反応する」「体を器用に動かす」

といった全身の調整力を高めることが大切です。

1つの動きばかりに偏らず、様々な動きを経験できるように

大人側から遊びを提供していきましょう。

 

柳澤運動プログラムの「ジグザグかけっこ」をご紹介します。

縄などを使って、ジグザグのコースを作ります。

最初は広めの幅で、角度の緩いジグザグコースにしましょう。


スタートの合図で指導者が子ども達を追いかけるので、
子ども達はコースの中を走って逃げます。

楽しくなるとついコースを外れてしまうことがあるので、

コースからはみ出さないことを約束しておきます。


曲がり角で方向転換する時には、つま先で踏ん張り、

下半身で動きを切り返しながら
上半身を進行方向に向けていく動作が必要になります。
この動作が巧緻性を育てることにつながるので、

繰り返し行なうようにします。

 

慣れてきたらコースの幅を狭くする、

ジグザグの角度をきつくする、

コースの線を縄ではなく、コーンなどを間隔を空けて置いて

作ったコースにするなどのやり方でアレンジし、

空間認知力や先を読む力、イメージ力、バランス力、

抑制力など様々な力の発達を促していきましょう。