就学前に正しい生活リズムを身に付けられるように日中の運動も大切にしましょう。

今の子ども達に多い傾向として、朝すっきり起きられず、

いつまでもボーっとしている。

夜10時を過ぎても眠くならず、就寝時刻が遅くなる。

という悪循環を繰り返してしまっていることがあります。

 

生活リズムは、自然に身に付くものではありません。

幼児期のうちに身につけておかなければ苦労するのは子どもです。

早寝早起きのリズムが小学校入学までに身に付くように

日中の適度な運動や早めの夕食などを心がけ、

正しいリズムに大人が導いていくことが必要です。

 

適度な運動として、子どもには運動あそびがおすすめです。

柳澤運動プログラムから「くっつき鬼」をご紹介します。

初めは指導者が鬼になり、逃げる子を1人決めておきます。

子ども達は3~4人ずつグループに分かれ、

グループごとに横一列にくっついて座ります。

それぞれのグループがホールの中に点在している状態で、

立っているのは鬼と逃げる子の2人だけです。

 

そして、スタートの合図で逃げる役の子は走り始め、

座っているグループのどこか好きなところにくっついて座ります。

そしたらそのグループの反対側にいた子は

押し出されて逃げる役になります。

 

走っているのは常に鬼と逃げる子の2人だけになるので、

鬼ごっこで多い衝突事故が起きにくくなります。

また、いつ自分が逃げる役になるかわからないので、

常に動きを見ていなければいけません。

それによって集中力や注意力が向上します。

 

普段ボーっとしてしまう子などに効果的なので、

ぜひ取り入れていってほしい遊びです。