柔軟な思考を養い、臨機応変に対応できる力を遊びながら育てていきます。

「融通がきかない」「変化が苦手」「自分のやりたいようにやりたい」

という子ども達におすすめの、思考の柔軟性を養う遊びのご紹介です。

柔軟な思考は適応力を上げ、生活面での失敗も減らします。

子どものうちからしっかり養い、

その場に応じた臨機応変な対応ができる力を育てていきましょう。

 

柳澤運動プログラムの「グーチョキパー」遊びです。

指導者と子ども達で向かい合って座り、

一緒にグー・チョキ・パーを順番にゆっくり出します。

指導者の手をよく見て真似をしながら、

指先までしっかり力を入れて手を動かすようにしましょう。

この時、見て真似をすることや、意識の届きにくい指先に

意識を向けて、手指を一生懸命動かそうとすることが

前頭前野の活動を活発にしてくれます。

 

スムーズにできるようになったら、グーチョキパーを

「チョキ・グー・パー」のように順番を変えて行ないます。

順番が変わることで、子ども達は今までのやり方を

変える必要があり、この行動も前頭前野を刺激します。

 

さらに慣れてきたら、スピードもアップして挑戦します。

そうすることで、判断や計算処理を素早く行なう必要があるので、

柔軟な思考を作ることにつながります。

 

難しくなると大人も本気でやらなければ間違えてしまうので、

大人も子ども達と一緒になって、

楽しく取り組んでいければとても良いと思います。