体を動かすことがほとんどないまま小学生になる子達がいます。

幼少期から体を動かす経験をほとんどしてこなかった子ども達が

そのまま小学生になって体育の授業に取り組むと、

当然体の動かし方はわからないし、基礎力がないのでうまくできません。

うまくできないと楽しくないのでどんどんやらなくなり、

悪循環に陥ってしまいます。

 

それだけでなく、実際学校現場では子ども達の怪我も増えています。

何もないところで転び、転んだ時も手で支えられず

顔面を打ち付けてしまったり、

少しの高さから跳び下りただけで骨折をしてしまう、

体育で跳び箱を跳ぼうとしただけで手首を捻挫する

ということがたくさん起きています。

 

子ども達の体を守るためにも、幼児期からの体を動かす遊びが

とても大切なのです。

 

柳澤運動プログラムは保育園、幼稚園児や小学生にとてもおすすめです。

その中から「両手ハイタッチ」をご紹介します。

子どもと1対1で向かい合って立ち、

両手の手のひらを子どもに向けて一定のリズムで出し、

子どもはジャンプして両手同時にタッチします。

 

低い→高いを交互にしたり、右手と左手で違う高さにしたり、

変化のあるジャンプで空間認知力も養います。

 

ちょっとした時間にできるので、日常の活動の合間や、

保育園のお迎えのタイミングなど小まめに取り入れていくと、

子ども達の運動能力は目に見えて違ってきますよ。