1つの遊びもやり方次第でいろいろな要素を含んだ遊びに変化します。

今の子ども達の遊びは単調化しているといわれています。

おもちゃ1つをとってみても、遊び方が決まっていて

他の使い方はできないようなものが多く、

子どもが自分で遊び方を考えたり、

違うものに見立ててイメージして遊んだりということが

できにくくなっています。

 

まずは大人からの働きかけで、子ども達の遊びの幅が広がるように

提案していき、そこから子ども達がいろいろなことに

挑戦していけるように促していきましょう。

 

例えば昔ながらの遊び「だるまさんがころんだ」でも

クマ歩きやカンガルーで行なう「〇〇がころんだ」にしたり、

「だるまさんが石になる」で床に丸まって動かないというルールや、

「だるまさんが手をつなぐ」で友達と手をつなぐなど

いろいろなやり方で遊ぶことができます。

 

鬼が振り向いた時に、止まるだけでなく他の動作をプラスすることで

瞬時に対応しなけければいけなくなり、

集中力、記憶力、判断力、瞬発力などいろいろな力が育ちます。

慣れていない子は初めうまく対応できませんが、

繰り返していくことで驚くほど速く反応できるようになります。

 

ぜひ日常的に遊べるように、いろいろな工夫を

子ども達と一緒に考えてみてください。