日常生活で常に必要なワーキングメモリを幼児期から鍛えていきましょう。

私達の日常生活のあらゆるところで「ワーキングメモリ」の

能力が活躍しています。

ワーキングメモリは、会話、料理などの家事、運動など

様々な活動で必要になる力です。

 

ワーキングメモリの能力が低いと、落ち着きがなかったり、

忘れ物やうっかりミスが多いなどのことが

大人になっても目立ってしまうので、

脳の発達が著しい幼児期から積極的に鍛えておくことが大切です。

 

このワーキングメモリを鍛えるには、「運動」も効果的です。

子どもにとっての運動とは「遊び」なので、

私達は子どもがやりたくなるような楽しい遊びを提供し、

子ども達の成長発達を促しています。

 

柳澤運動プログラムの「合図で逃げる」をご紹介します。

まず、逃げ場所を1箇所マットや縄などで用意しておきます。

子ども達はスタートラインに立ち、

指導者の合図があったら一斉に逃げ場所に走ります。

 

この「合図」の言葉は事前に子ども達と決めておきます。

「よーい、スタート!」や「鬼がきたー!」などの言葉や

笛やタンバリン、手たたきなどの音でも良いです。

慣れてきたら少しひっかけを入れて、

子ども達の聞く力、判断力、記憶力なども刺激していきましょう。

 

アレンジ次第でいろいろな遊び方ができ、

運動量も稼げるのでとてもおすすめです。