ジャンプ遊びの導入で小学校の体力テストの結果が変わります。

小学校で行なわれる体力テストで、シャトルランや50メートル走、

反復横跳びなどの成績を上げるには、

何といっても「ジャンプ遊び」が効果的です。

生活の中にジャンプ遊びをうまく取り入れ、

継続していくことで子ども達の能力は飛躍的に伸びます。

 

ジャンプの動きを日常の中に取り入れることは

工夫次第でどんどんできるので、ぜひ園や学校、家庭でも

たくさん取り入れていってほしいと思います。

 

 

柳澤運動プログラムの「カンガルー高鬼」をご紹介します。

鬼(大人)も子ども達も、両足を閉じてジャンプする

カンガルーさんに変身して、鬼ごっこをします。

子ども達は、鬼よりも高いところに逃げれば捕まりません。

 

カンガルージャンプで逃げたり追いかけたりするので、

かなり抑制力が刺激されます。

逃げる時に急ぐあまり足が離れてしまわないように、

足の間にハンカチなどを挟んでおくと良いかもしれません。

 

ルールは遊びながらアレンジしていくのが良いと思います。

自分達だけの遊び方を考えていくと、

自主性も高まり、ルールを守って遊びやすくなります。

高鬼だけでなくいろいろな鬼ごっこにしたり、

カンガルー以外の動きにしてみたりしながら、

楽しく継続的にできるようにしてみてください。