幼児期の短縄跳びは、まだ手首で回す必要はありません。

保育園・幼稚園の頃の子ども達が短縄跳びをする姿を見ると、

ほとんどの子が手首ではなく腕と肘で大きく回しています。

大きくなると手首でスムーズに回すことができるのに、

なぜ小さな子どもはできないのかというと、

10歳頃までは手首の骨が未発達な状態な為です。

 

4歳や5歳の子どもは無理に手首で回そうとせず、

腕と肘を使って大きく回して遊びましょう。

しっかり骨が形成されてくれば、

自然と手首で回すことができるようになります。

 

 

柳澤運動プログラムの「走り前回し跳び」をご紹介します。

走りながら前回しをしていくので、前回しができてから挑戦しましょう。

速く走ると縄とタイミングが合わないので、ゆっくり走り、

走るスピードと縄の回転スピードを意識して行ないます。

 

その場で両足ジャンプで跳ぶ時は、跳ぶ(動)、着地(静)の

メリハリがはっきりしているのでわかりやすいですが、

走りながら行なうと常に動いている状態になるので、

難易度が高くなります。

リズムを感じながらできるように、長めの距離で、

ゆっくり走ってできるようにしていきましょう。