全身の「静」と「動」の使い分けができるようになるのが「カンガルー跳び」です。

私達の提供する運動あそびの中で代表的な動きに

「カンガルー跳び」があります。

このカンガルー跳びでは、両足を閉じてくっつけたまま

ジャンプしていくことが一番のポイントになります。

 

両足ジャンプに必要なのは両足を等しく曲げることです。

両足に静止と、微妙な動の力を加えることで初めて

両足でのジャンプが完成します。

しかし、足だけでは前方への跳躍ができません。

腕振りを足の蹴り上げと連動させ、体重移動によって

前方へジャンプすることができるのです。

 

また、「速く進みたい」「足をくっつけるのはめんどくさい」

といった気持ちを抑え、足をくっつけるという面倒な動きをするためには

体だけでなく「精神的な静止の力」も必要になります。

 

両方の力を効果的に育てられるのが私達の運動プログラムです。

そしてこれは、脳の前頭前野を刺激することでもあるので、

子ども達がやりたくなるような方法で、

さらに発達を促していけるように指導をしています。