よく転ぶ子は筋肉や骨をコントロールする「脳」も鍛えるのがおすすめです。

子ども達の運動不足から来る体力や運動能力の低下は、

脳の機能低下にもつながってきます。

筋肉も脳も、使えば使っただけ鍛えられ力がつくので、

日ごろから継続的に刺激してあげることが大切です。

 

そして、子ども達に体を動かしてもらうには

何よりも「楽しい遊び」の要素が欠かせません。

毎日の運動あそびで、体も脳も能力アップを目指しましょう。

 

柳澤運動プログラムの「忍者カンガルーの縄越え」をご紹介します。

椅子とゴム紐などを使って、子どもの膝くらいの高さの

罠を作っておきます。

子どもはそのゴム紐の前に立ち、まずは両足をそろえた

カンガルージャンプで跳び越えます。

 

両足をそろえたジャンプで跳び越えることができたら、

次は着地で音を立てないようにします。

音を立てない静かな着地をするためには、

膝のクッションを使って、衝撃を吸収することが必要です。

これが上達すると、上半身と下半身の連動性が高まり

身体コントロール力が向上します。

 

音を立てないための動機付けとして、

「音がすると敵に見つかってつかまっちゃうよ。」

などの声掛けをするのもおすすめです。

子どもが「やってみたい」と思えるような声掛けや、

ドキドキワクワクする設定で、子どものやる気を引き出しましょう。