癇癪や自傷行為はイコール発達障害ではありません。よく観察してあげることが必要です。

小さい子どもが何か気に入らないことがあった時に

頭を床に打ち付けたり、髪の毛を抜いたり、指や爪かみをする、

というのは、決してめずらしいことではありません。

それが見られたら発達障害ということでもなく、

まだ自分の感情をうまく表現できないためです。

頭ごなしに叱ったりせず、気持ちをしっかり受け止めてあげることが大切です。

 

 

柳澤運動プログラムでは、継続的に行うことにより

感情のコントロール力も身につけていくことができます。

 

運動プログラムの中から「散歩」遊びをご紹介します。

友達と2人ペアになり、手をつないで一緒に歩きます。

最初はゆっくりペースを合わせて歩き、

慣れてきたらジグザグに歩いたり、棒くぐりや

障害物を跳び越えたりするコースを作って、
2人で一緒に進んで行く練習をしましょう。

 

ただ歩くだけではなく、一緒に様々な動きをすることで
相手を意識する力がより強く刺激されます。

速く進むと危険なので、レベルアップは速くではなく、

動作をプラスすることでゆっくり進めるようにしていきましょう。