運動を好きになるか嫌いになるかは幼児期から児童期に決まります。

どの保育園、幼稚園、小学校でも

「跳び箱」「鉄棒」「縄跳び」は必ずやる遊びだと思います。

この3つの運動は、子どもがその後運動が好きになるか

嫌いになるかのポイントになる重要な遊びです。

大体10歳までにこれらの運動で嫌な経験をしてしまうと、

運動が嫌いになってしまいます。

 

柳澤運動プログラム継続して取り組んでいる子ども達は、

小学校入学までに全員が逆上がりや跳び箱の開脚跳び、

側転などができるようになっています。

「できる」経験はそのまま子どもの自信になります。

ぜひたくさんの成功体験が積めるように、取り入れてみてください。

 

 

柳澤運動プログラムの「ウシガエルの跳び乗り」をご紹介します。

ウシガエルの動きは、足を開いてしゃがんだら両手は中につき、

手→足→手→足の順番に前に出して進んでいく動きです。

前のめりに倒れないように、顔は上げて前を向きましょう。

 

このウシガエルで跳び箱まで進んでいったら、

跳び箱の上に手をつき、足を開いたままジャンプし

跳び箱の上に跳び乗ります。

最初は1段か2段の跳び箱から始めましょう。

 

まずはウシガエルの動きをしっかりやってからでなければ、

跳び箱に足が引っ掛かったり、腕で支えきれずに顔から落ちてしまう

ことにつながりやすいので、しっかりウシガエルをやってから

取り入れるようにします。

力がついてきていても、不意に手がすべってしまったり

体勢を崩して落ちてしまうことが考えられるので、

必ず補助について安全に遊ぶようにしてください。

 

そして、支持力、跳躍力、身体コントロール力、高所感覚、

バランス力、上半身と下半身の連動性などたくさんの力をつけ、

自信を持って跳び箱の跳び越しにチャレンジできるように

練習していきましょう。