逆上がりができない理由は子どもによって違うので、理由を見極めることがポイントです。

逆上がりを達成するのに必要な力は意外とたくさんあります。

まず「逆さ感覚」これがないと怖くて鉄棒はできません。

「足を蹴り上げる力」これは逆上がりの動きを繰り返すだけでは育ちません。

「腹筋」これがないと足を上に持ち上げることができません。

「体を持ち上げる腕の力」これがないと腕が伸びて落ちてしまいます。

「回転感覚」これがないと鉄棒で回ることができません。

最後に「鉄棒の上でバランスを取る力」

これがないと着地で失敗してしまいます。

 

これらのことが全て1度にできて始めて逆上がりができます。

逆に言えば、どれか1つができていないとできません。

そして、それは子どもによってそれぞれなので、

できない子ども達を一括りにしてしまっては、

いつまでもできるようにならず、子どもは嫌になってしまいます。

腹筋が弱いのか、腕の力が弱いのか、逆さまが怖いのか、

それぞれのできない理由を見極め、

そこを補うような遊びを続けていくことが大切になります。

 

 

柳澤運動プログラムの「サルのボール投げ」遊びをご紹介します。

この遊びで、「足を蹴り上げる力」「腹筋」「腕の力」が育ちます。

まず鉄棒に肘を曲げてぶら下がり、両足の指先でボールを挟みます。

体で反動をつけて、ボールを遠くまで投げてみましょう。

前方向、上、後ろ、いろいろな方向にできるだけ遠くまで

飛ばすことができるようにします。

 

狙った位置に飛ばすことができてきたら、

次は前にいる指導者の手に向かってボールを飛ばします。

最初は近くの低い位置で良いので、

少しずつ高さや距離を変えていきましょう。

 

ポイントは、腕を曲げてぶら下がり、体を前後に振って

反動をつけて飛ばすことです。

腕が伸びた状態では腕の力が育たないだけでなく、

反動をつけることも足を上げることもできにくくなります。

 

できるだけ低い鉄棒で行なうと、腕が伸びるとお尻がついてしまうので

がんばって腕を曲げることができます。

やりやすいように工夫や補助も取り入れながら

子ども達が力を出し切れるようにして遊ぶことが大切です。