二足歩行を始める1歳~2歳頃から腕の力は育たなくなってくるので遊びで補いましょう。

赤ちゃんが次第に立てるようになって歩き始めると、

腕の力は使う機会が減るので育たなくなってきます。

しかし、1歳や2歳ではまだ歩行も不安定なのでよく転びます。

そのときに腕で自分の体重を支えることができないと

顔に怪我をすることが増えてしまいます。

ハイハイをしなくなっても、四つんばいで歩く遊びなどで

腕の力をしっかりと育てることが大切です。

 

柳澤運動プログラムの、腕の支持力を養う遊びは

クマ歩きやウシガエルなどいろいろな遊びがあります。

その中から、「フープ片足クマ」をご紹介します。

床に4~5個くらいのフープをつなげて置いておきます。

そこを片足クマ歩きで渡っていきますが、

片足クマの姿勢は、四つんばいからお尻と膝を上げたクマから、

片方の足を上げた姿勢です。

この姿勢で、手→足→手→足の順番に動かしながら

フープの中だけに手足を入れて渡っていきます。

 

フープを踏まないように意識付けるために、

「フープは罠だから、もし踏むと猟師さんにつかまっちゃうよ!」など

子ども達がドキドキハラハラするような設定にすると、

フープを踏まないようになるだけでなく、楽しく遊べます。

そして、フープの中に確実に手足を入れることで

空間認知力も育ち、物や人との距離感を測れるようになります。

 

片足クマでは足を片方上げて歩くことで、

腕への負荷が増してより腕の支持力を養うことができます。

クマ歩きでしっかり力をつけてから行ない、

たくさんの達成感を感じながらできるように提供するのがポイントです。