一日の中で子ども達が全力で動く時間を増やし、体力や運動能力を向上させていきましょう。

保育園や幼稚園の子ども達が、1日の中でどれくらいの強度の運動を

どれだけ調べた調査があります。

「普通に歩いているだけ」「小走り程度」「全力で動く」

この3つに分けて調べると、園によって全く違う結果が出ました。

 

全力で動く時間が全く無い園と、たくさんある園の子ども達の

どちらが運動能力や体力が高いかといえば、もちろん後者です。

それだけでなく、体を動かす機会が少ないと体の使い方が不器用になり、

大人になってもボールを投げることさえうまくできない人が

今の時代にはたくさんいるのです。

幼児期にいろいろな体の動かし方を覚えることができるように、

大人側から働きかけていきましょう。

 

柳澤運動プログラムの「めだか走り」をご紹介します。

子ども達は、指導者を先頭にして一列に並びます。

両手を伸ばして前に出し、胸の高さで手のひらを合わせます。

そのまま維持しながら、前の人の後について走っていきましょう。

 

普段走る時には、両腕でバランスをとってまっすぐに

走っていますが、両手が前で固定されることで

体の軸が不安定になり、バランスがとりにくくなります。

この状態で走ることが、体幹を鍛えバランス力を育てます。

 

今はまっすぐ走ることができない子も多くいるので、

こんな遊びで、まっすぐ安定して走る練習をしてみるのもおすすめです。