運動あそびを続けることで子ども達の顔への怪我が減少します。

子どもの運動量が減ったと言われて久しいですが、

やはり現場では「転びやすい子が増えた」とか

「顔への怪我が増えた」という声を多く聞きます。

運動不足は、跳び箱が跳べない、逆上がりができないというだけでなく、

日常生活にも様々な支障をきたす原因になっています。

 

私達が柳澤運動プログラムを提供している保育園や幼稚園では、

子ども達の顔や歯への怪我が大幅に減少しています。

そして子ども達だけでなく、先生方もイキイキとしてしてきます。

 

 

柳澤運動プログラムの中から「跳び箱でカエルの足打ち」をご紹介します。

跳び箱の上に手をついたら、顎を開いて前を向き、

指導者の「1.2の3」の掛け声で足を蹴り上げ、

空中で足裏を打ち合わせます。

 

その時に、足だけに意識がいって腕の力を抜いてしまうと

前に倒れてしまうので、腕と足の両方に意識を向けます。

必ず補助について行なうようにしてください。

 

両腕で体を支えるための「支持力」と、

体を浮かせた時にバランスを保つ「バランス力」、

足打ちをするための「体の操作力」や「空間認知力」、

空中で体を浮かせても慌てない「高所感覚」

など複数の力を育てていくことができます。

 

腕の支持力がしっかりと育つことで、

日常生活で転んだ時にも手を出してしっかり体を支えることができ、

顔を地面に打ち付けることが減っていきます。

慣れてきたら、跳び箱を使わずに床に手をついた足打ちにも挑戦し、

体の操作力を上げていきましょう。