子ども達の現状をしっかり把握できるとどんなことを取り入れるべきかがわかります。

子ども達にどんな運動あそびを提供すれば良いのか

悩むことがあると思いますが、まずはやってみることが大切です。

やってみて、今の子ども達がどんなことができてどんなことが苦手なのかが

わかれば、必然的に取り入れるべきものが見えてきます。

 

しかし、一斉指導をする中では必ずできる子とできない子がいて、

特に今はそれが二極化していることが多いので、

なかなかレベル設定も難しくなっています。

 

なので、レベル設定よりも、先生はできない子に寄り添ってあげることを

大事にしてほしいと思います。

運動あそびの指導を一生懸命やっていると、ついよくできる子に

ついてしまいがちですが、やはりその動きを苦手としている子に

しっかり寄り添ってあげて、1つでも2つでも具体的に褒めてあげると

次からもその子はがんばることができるようになります。

 

子ども達全員が、運動を好きになれるような活動を

一番大切にしていってほしいと思います。

 

 

柳澤運動プログラムの「エントツグーチョキパー」をご紹介します。

鉄棒で、足掛け回りのように足を掛けた状態から

膝を伸ばして足を上に伸ばします。

エントツのように体がまっすぐになるようにしましょう。

体がまっすぐになったら、顎を開いて床(マット)を見るようにします。

これでエントツの完成です。

 

ここから、足をグー、チョキ、パーに動かしてみましょう。

慣れてきたら指導者とじゃんけんをしますが、

指導者の方を見ると顎が閉じてしまうので、

目線は下を見たままで、指導者の声とじゃんけんをします。

逆さまで判断力が低下した状態なので、

しっかり考えながら足を動かせるように練習しましょう。

 

足に意識がいく余り、手の力が抜けて落下してしまうことがあります。

指導者は子どもの手首を握り、下には柔らかいマットや布団を敷いて

安全第一で遊ぶようにしてください。

 

これが上手にできるようになると、握力や腹筋背筋が

しっかり育ってきたことになるので、のぼり棒やうんていなどの

上達にもつながり、遊びの幅が広がります。