発達の段階に合った遊びを提供し、その時期に必要な力をつけていくことが大切です。

鉄棒の握り方には、上から握る順手と下から握る逆手があります。

そして、鉄棒にぶら下がることは早い子は1歳頃からできるようになり、

2歳までにはほとんどの子ができるようになります。

この頃はまだ親指をかけずに握る猿握りで構いません。

年少の初期もまだどんな握り方でも良いですが、

中期頃になったら逆手での握り方も教えていく必要があります。

年少後期には、逆手ができるようにしていきましょう。

 

 

運動あそびプログラムの、逆上がりにつながる遊び、

「忍者前回り降りの足打ち」をご紹介します。

鉄棒で前回りをしたら、着地をせずに腕を曲げてぶら下がり、

足を持ち上げて足打ちをします。

かなりの懸垂力が必要になり、体をコントロールする力も必要です。

 

前回りで速く回ってしまうと腕にかかる負荷が大きくなって

着地してしまうので、回転をコントロールしながらゆっくり回ります。

そして、回転したら腕に力を入れて体を小さくするようにぶら下がります。

そこから足打ちをすることで、足を持ち上げる意識が強くなります。

逆上がりでは足を持ち上げることが必要なので、

そのために大切な腹筋を強く育てていきます。

 

足打ちの回数は、だんだん多くできるように挑戦していきましょう。

回数を周りで見ている友達に数えてもらうようにすると、

自分の順番以外の時も集中してお友達を見ることができるので、おすすめです。

 

腹筋が育つと、日常生活でも姿勢が良くなって集中力が高まります。

発達の段階に合った遊びで無理なく力をつけ、

たくさんの成功体験を積むことができるようにしていきましょう。