上級生への「憧れ」も運動の上達につながりやすい要素です。

子ども達の運動へのやる気や上達を促すものの1つとして、

先生や上級生への憧れの気持ちも有効です。

先生や上級生が上手にかっこよくやっている姿を見て、

自分もあんな風になりたい、やってみたいという気持ちになり、

どんどん挑戦していく姿につながります。

そして、見られている側の上級生も緊張感が持て、

しっかりやろうとするのでお互いに良い効果があります。

ぜひ、縦割りでの活動も機会があれば取り入れていくと良いと思います。

 

 

運動あそびプログラムの「新幹線ジグザグカンガルー」をご紹介します。

子ども用の椅子とゴム紐を使って、少し高さのある障害物を作ります。

子ども達はカンガルーに変身し、足を閉じたジャンプで
ゴム紐の上をジグザグに進んでいきます。

ゴム紐に当たらないように気をつけて、

新幹線のようにできるだけ素早く進めるようにします。


ポイントは、両足をしっかりくっつけることと、

腕の振りと膝の曲げ伸ばしの力を活かして、
全身を使ってリズム良くジャンプしていくことです。

ジグザグにジャンプしていくことで、前後だけでなく
左右のバランスもしっかりとることが必要になり、バランス力が強く育ちます。

 

この遊びで跳躍力が身につき、リズム感が育つことで

連続ジャンプが上達し、縄跳びの上達にもつながります。

縄跳びの習得も、こうしたいろいろな遊びからつなげていくことで、

スムーズに、失敗経験を減らしながら挑戦していくことができます。