教えなくても自然に育つ力と、意識的に育てなければ育っていかない力があります。

子ども達には、特に教えなくても生活の中で自然に育っていく力と、

大人が育ててあげなければ育っていかない力があります。

生まれたばかりの赤ちゃんが、成長と共にお座りやハイハイができるようになり、

1歳頃には1人で立って歩いたり走ったりできるようになるのは、

特に教えるわけでもなく、自然にできるようになる部分です。

 

しかし、言葉の発達や、マナーを守る、相手のことを考える、

感情をコントロールすることなどの力は、

大人が育ててあげなければ育ちません。

特に現代の生活では集団で遊ぶことや関わることが少なく、

こうした力を身に付けていく機会が減っているので、

しっかりと大人が育ててあげることが必要です。

 

運動面を見ても、昔は遊びの中で身に付けていたような基礎的な力も

なかなか身に付かなくなっているので、

反復横跳びやボール投げなどの動作が苦手な子も多くなっています。

ぜひ幼児期からの運動あそびで、心身ともに健康に育ってほしいと思います。

 

 

運動あそびプログラムの「逆グーパー」遊びをご紹介します。

手と足で違う動きをするので、難易度の高い遊びになります。

まず、足を閉じてグーにし、両手は上に伸ばして大きく開いてパーにします。

次は反対に、足を開いてパー、手は曲げて胸につけてグーにします。

 

これを交互にやっていきますが、まずはゆっくりで良いので

その場で手足を動かして練習していきます。

スムーズにできるようになってきたら、線を使って

前に進みながらやってみましょう。

手と足が別の動きをするのは大人でも難しいくらいなので、

しっかり段階を追って行なうようにし、

最初は間違ってしまっても良いので楽しくできるようにすることが大切です。

 

この遊びで、体の動きをコントロールする力や、集中力、

抑制力などが養われるので、日常生活でも多いに役立ちます。

1日の始まりに頭と体のウォーミングアップとして取り入れたり、

運動あそびの時の準備体操としてやってみるのもおすすめですよ。