幼児期の遊びで多様な動作を経験することが、心の発達や学びの力にもつながります。

幼児期に運動することが大切であることは多くの方がご存知だと思いますが、

その理由は体の発達や健康を促したり、

体力や運動能力を上げるだけではありません。

幼児期にしっかり体を動かすことは、体だけでなく

心の発達やその後の学習にもつながる重要な役割を持ちます。

 

この場合の運動とは特定のスポーツということではなく、

あくまでも遊びが主体の「運動あそび」です。

特に幼児期は様々な動作身につきやすい時期なので、

多種多様な動きを経験していくことが大切です。

 

 

運動あそびプログラムの「1本橋を渡る」遊びをご紹介します。

縦に置いた平均台の上を渡っていきます。

両手を広げてバランスをとりながら渡ることができるようになったら、
手に何かを持って渡ってみましょう。

例えば、お盆やお玉の上にピンポン玉を乗せて、

落とさないように渡ってみます。
こうするとスピードを出すことはできず、集中力も高まります。

 

平均台をただ渡るだけだと、子ども達はすぐに飽きて

速く渡りだすようになります。

スピードを出すと怪我のリスクが高まるので、

こうしたアレンジを加えることで危険度を下げながらも、

遊びの満足度は上げていくことが大事なポイントです。