子どもの怪我を防ぐ正しい補助で、安全に運動あそびを提供します。

鉄棒遊びは高さを伴うので、どうしても怪我が起きやすい遊びです。

上手な子でも、ふとバランスを崩して落下することがあるので、

必ず補助について安全に遊ぶことが大切です。

怖い経験は、子どもの運動嫌いや挑戦心を阻む可能性があります。

 

例えば運動あそびの「豚の丸焼き」は、

鉄棒に両手両足でぶら下がる遊びですが、

足を鉄棒にからませることがなかなかできず、

そのうちに手の力が尽きて下に落ちてしまうことがあります。

もし手が離れてしまっても頭から落ちることがないように、

子どもの体の下に膝を立てて入れておき、

足が鉄棒にうまくかかったら、次は手首を握る補助をします。

手首を握っておけば、お尻から落ちることはあっても

頭から落ちてしまうことは無くせます。

 

また、足が鉄棒にうまくかからない子は

股関節を開けていない子が多いので、股関節を開く動きを

積極的に取り入れ、股関節周りを使っていくのがおすすめです。