運動あそびは日常のルーティーンの中に組み込むと、無理なく継続でき力がしっかり育ちます。

運動あそびによって効果的に力をつけ、動ける体を作っていくためには

やはり「継続」することがポイントです。

継続するためには、楽しくできることの他にも

「日常のルーティーンとして組み込む」ことが効果的です。

 

例えば園の教室や廊下にクマの足型を描いたり張ったりしておき、

移動する時はクマ歩きで移動するようにしたり、

トイレに行って戻ってきた人から、足の間に鈴を挟んで

体育座りで待っていてもらったり、

お迎えが来た人から先生の手にジャンプしてタッチしたり、

普段必ずやることに関連付けてやっていくのがおすすめです。

 

子ども達に意見を聞きながら決めてみるのも、

子どもが進んでやってくれる動機付けになるので良いです。

例えば「クマさんの他に4本足で歩く動物って何がいるかな?

その動物はどんな歩き方をしているかな?」など

子ども達が興味を持てるような問いかけをしていくと、

考える力やイメージ力、コミュニケーション能力も育ちます。

 

先生も一緒に楽しめるように、どんどん遊びを広げていきましょう。