未満児の頃から「姿勢の変化」に対応する力を養っていきましょう。

運動あそびが何歳からできるのか、何歳からやったほうが良いのかというと、

子どもの体の発達は連続的につながっていくものなので、

やはり0歳児から始めていくのがおすすめです。

10ヶ月、11ヶ月頃から少しずつ運動あそびをしていくのが良いですが、

まだこの頃は筋力も弱く、全体的に不安定なので、

力をつけていくのはまだ先の話です。

 

まず身に付けていきたいのは、「姿勢の変化」に対応できる力です。

私たちの「感覚」には「前後」「左右」「上下」の3種類がありますが、

それをこの時期に感じさせてあげることが大切になります。

特に後ろ側の感覚は放っておくと身に付いていかないので、

未満児のうちからたくさん経験させてあげましょう。

 

やり方は、子どもを抱っこした状態で体を前に倒していきます。

怖くないように、体は密着させながら行ないます。

倒す角度は、10ヶ月なら90度くらい。

14ヶ月なら頭が体よりも低くなるくらいまで倒しても良いです。

もし子どもが怖がって体を硬直させるようなら、

角度を変えて、少しずつ慣らしていってください。

 

これをやっているかいないかで、「逆さ」になることが

「恐怖」になるか「楽しさ」になるかという大きな差になります。

 

体も脳も使えば発達し、使わなければ発達しません。

その年齢や段階に合った動きをできるだけたくさん経験し、

「動ける体」を育てていきましょう。