私たちの運動あそびでは、運動を好きになってもらうことを一番大事にしています。

 

赤ちゃんは、成長と共に興味の範囲が広がり、

欲しい物があるからハイハイをし、それが高いところにあるから

つかまり立ちをし、もっと遠くの物が欲しいから歩き始めます。

そして、大好きなお母さんの真似をしたくていろいろな模倣が始まり、

言葉や行動を覚えていきます。

このように、何かを習得するという時には興味、関心から始まり、

やってみて楽しかったとか、褒められたという経験から

さらに力が大きく育っていきます。

 

私たちの運動あそびでは、「運動を好きになってもらいたい」ということを

 

一番大事にしているので、技術習得を目的にしていません。

子ども達の興味を引くような導入と楽しい活動、

小さなステップアップをたくさん積むことでやる気や達成感を育て、

しっかり褒めていくことで運動自体を好きになれるようにしています。

 

 

今日ご紹介するのは運動あそびプログラムの「カエルさん」です。

カエルは、足を開いてしゃがみ、手を中についたら

手足同時にジャンプしていく動きです。

 

ポイントは、足を股関節から開くことです。

股関節を開くには、しゃがんでから足を開くのではなく

足を開いてからしゃがむことがポイントです。

最近は股関節がかたくて開けない子が多いので、

積極的に足を開く動きを取り入れて遊んでいきましょう。

 

慣れてきたら、障害物を跳び越したりジグザグに進んだり、

巧緻性を高めるような動きにも挑戦していきましょう。