遊びの中で学んだ力の差が、勉強や仕事でも大きな差になって現れます。

私たちは生活の中で、いつもと同じことをいつもと同じように

やってしまうことが多いですが、

頭も体も、ずっと一辺倒な使い方をしているのではなく、

様々なやり方でやっていくと、いろいろな考え方や使い方ができるようになります。

 

子どもの時に頭や体を使うのは、遊びが中心です。

日々の遊びの中で、自分でやり方を考えて失敗や成功を繰り返しながら

経験を積み重ねていくことが、将来のためにとても大切です。

遊びの中でそのような経験がたくさんできていると、

勉強でも仕事でも、いろいろな角度から物事を見ることができ、

目的を決めてやり遂げられる力になります。

 

 

運動あそびでは、大人側からやり方を提示するだけでなく

子ども達にも遊び方やルールを考えてもらうことがあります。

言われたことをやるだけではなく、自分達で考えた遊びは

積極的に、真剣に取り組むことができるので効果も高まります。

 

運動あそびプログラムの「スキップでマネっこ歩き」をご紹介します。

指導者が先頭に立ち、子ども達はその後ろに1列に並び、

指導者の後についてスキップをしていきます。

まっすぐ進むだけでなく、クネクネとしたコースにしたり、

時々腕を動かしたりするので、子どもはしっかり指導者を見て

素早く動きを真似できるようにします。

 

前の人との間隔を一定に保ちながら、指導者の動きを常に確認し、

動きを真似していきます。

前の人と指導者の両方に意識を向けて動くので、

かなり集中力が必要になります。

 

これが上手にできるようになると、自分のことだけでなく

あちこちに気を配ることができるようになるので、

集団での活動の中で、周りのことに気付ける力が育ちます。

 

少しずつ難易度を上げていき、慣れてきたら子どもに先頭の役を

やってもらうと、また違った楽しみ方ができておすすめです。