鉄棒の高さは遊びの種類や難易度によって変化させて遊ぶのがポイントです。

鉄棒遊びを提供する時、鉄棒の高さは遊びによって変えたり、

難易度を調節する時に変えることが必要です。

 

前回りや逆上がりなどをする時の鉄棒の高さは、

両手でつかまって跳び乗ることができる程度が目安なので、

子どもの胸くらいの高さが適切です。

ぶら下がり遊びをする時には、鉄棒が低い方が難易度が上がるので、

少し高めに設定してあげるようにします。

 

ちょうど良い高さの鉄棒がない場合は、巧技台を置いたり

ゴムチューブなどを付けて足を乗せられるようにしたり、

工夫しながら遊んでみてください。

 

 

運動あそびプログラムの「りんごキック」をご紹介します。

逆上がりの動きに直結する遊びです。

この遊びはぶら下がり遊びなので、少し高めでも良いです。

 

鉄棒を逆手で握り、肘を曲げて脇を締めてぶら下がったら、

足を曲げて体を小さくした「りんご」の姿勢になります。

そしたら、片足ずつ前にキックしてみましょう。

 

腕の懸垂力と、足を上げることで腹筋や太ももの力も育ちます。

この遊びを繰り返し行なうことで、逆上がりのときの

足の蹴り上げが上達してきます。