運動も勉強も「繰り返すこと」が重要なので、そのための工夫が必要です。

運動でも勉強でも、大事なのは「繰り返しやること」です。

普段の生活の中でも、学校の勉強でも、繰り返しやっていることは

意識しなくてもできるようになっています。

 

ただ、それが苦痛だと繰り返さなくなってしまうので、

子ども達に身につけてもらいたいことや覚えてほしいことは、

一方的に押し付けてやらせるのではなく、

どうすれば子どもがそれをやってみたくなるか、

こちらが言わなくてもやっていけるかということを

考えたアプローチというものが大切になってきます。

 

ぜひ、普段の生活の中でも運動指導でも、こうしたことを意識して

子ども達と接していきたいですね。

 

 

運動あそびプログラムの「ターザン」遊びをご紹介します。

鉄棒の中心に2つに折りたたんだ縄をくくりつけたら、

長さは地面につかない程度の長さにします。

ただくくりつけるだけでは取れてしまって危ないので、

折った縄の片方の輪の中に縄の反対側を通して引っ張り、

鉄棒にしっかりと結びます。

これで、ぶら下がっている部分が輪になった状態になるので、

子どもはぶら下がっている縄を持ち、

その輪の中に足をかけてぶらさがります。

そして、ターザンのように体を前後に揺らして

揺れる感覚を楽しみながら遊んでみましょう。

腕の引き付ける力がつき、体幹の力も鍛えられます。