友達との遊びがコミュニケーション能力を磨き、社会性の基礎を作っていきます。

子ども達は日々の遊びの中で「社会性」や「コミュニケーション能力」を

養って成長していきますが、昔に比べて友達同士集まって遊ぶという機会が

減っていることで、コミュニケーション能力が育ちにくくなっています。

保育園、幼稚園、小学校などの集団生活の場での時間を

さらに有意義にしていくことも必要となっています。

 

私たちの運動あそびプログラムの中から、

子ども達だけで作戦会議をする遊びをご紹介します。

ホールの離れたところには赤、青、黄色など複数の色のマットを、

間を空けて並べておきます。

子ども達は全員で話し合い、どの色のマットに移動するかを決めます。

逃げている間に鬼(指導者)が追いかけてきて

子ども達をつかまえようとするので、素早くマットに逃げます。

マットの上に逃げれば、鬼にはつかまりません。

 

どの色のマットに向かうかを、鬼に聞こえないように

決めることが一番のポイントです。

話し合いの声が鬼に聞こえてしまうと、

そのマットの前で鬼に待ち伏せされてつかまってしまうので、

鬼に聞こえないように小さな声で話し合うことがポイントです。

 

子どもにとって小さな声で話すことは難しいことです。

そして、みんなが自己主張ばかりしても話し合いはうまくいきません。

自分の意見を言うことや、相手の意見を聞いて受け入れること、

トラブルになったらそれを解決していくことなど

できる限り子ども達だけでできるように促しましょう。

 

その中で、リーダーシップをとれる子が出てきたり、

子ども達の中でそれぞれ役割分担ができて

クラスのまとまりができてくることもあります。

子ども達の様子を見ながら、積極的にこうした遊びを取り入れてみてください。