逆上がりができにくい子には、補助つきで成功体験を増やしてあげることも必要です

逆上がりができない子に多い姿として、足を蹴り上げた時に

腕が伸びてしまい、体が前方に流れてしまうということがあります。

これを予防するために、子どもの体を前ではなく上方向に上げる

補助をしますが、指導者の手が足りない時や負担を減らす方法として

鉄棒に折りたたんだ縄をくくりつけてやる方法があります。

 

ぶら下がっている縄の中に子どもが入り、縄が腰の辺りにくるようにして

鉄棒を逆手でしっかり握ります。

そして足を前後に開いて、横から見た時に「足→鉄棒→足」という位置に

なるようにするのが理想の形です。

この姿勢のまま逆上がりをすると、縄で背中が支えられているので

腕が伸びて体が前に流れて落ちてしまうことがありません。

苦手な子には、さらに補助をしてあげてください。

 

そして、逆上がりができたらそのまま着地せずに前回りも

組み合わせてやってみてください。

これも、背中に縄があることでやりやすくなります。

縄があるからと体重を任せてしまわないように、

回転スピードを自分でコントロールしながら

逆上がり→前回りを連続してできるように練習してみてください。