子どもの運動機能を向上させる、いろいろなジャンプ遊びで遊びましょう。

ジャンプ遊びは、ちょっとしたジャンプなら1歳半~2歳からできます。

初めは10cmほどの少しの高さから跳び降りて遊んでみましょう。

ジャンプ遊びではジャンプ力や瞬発力、足の踏ん張り力、

体を動かすタイミングなども体得できます。

効果的に力を育てていくために、「両足を揃えること」を大事にしましょう。

両足同時にジャンプ、着地することで足の力も腹筋も刺激することができます。

いつも同じ動きでは飽きてしまうので、

他の動きと組み合わせたり、バリエーション豊かに遊ぶことが大切です。

 

例えば、体を小さくしてしゃがむ→ジャンプと同時に立ち上がり、

手足を伸ばして大きく開く→体を小さくしてしゃがむ

という動きを繰り返す「しゃがみグーパー跳び」や、

しゃがんだ姿勢から横向きにジャンプする、

しゃがんだ姿勢から半回転ジャンプをするなど、

しゃがみ姿勢からジャンプすることで、高くジャンプすることができ、

全身を大きく使うことができます。

ジャンプの時にタンバリンを叩いたりする動きをプラスしても

子ども達は楽しく遊ぶことができます。

 

いろいろなジャンプ遊びで、楽しく体を育てていきましょう。