基本遊びのアレンジで飽きずに継続して取り組むことができ、体の使い方が向上します。

運動をすることによって、体力や持久力が高まるだけではなく、

いろいろな体の動かし方やバランスのとり方などが身につき、

身のこなしが上手になっていきます。

 

子どもにとっての「運動」とは「遊び」のことです。

体を動かして遊ぶことが、子ども達の心・体・脳を育ててくれます。

たくさんの友達と関わり、様々な経験をしながら遊ぶことが最も大切です。

「運動あそび」で子どもの育ちを促していきましょう。

 

 

運動あそびプログラムの「レスキュー隊」という、

腕で体を引き付ける力を育てる遊びのアレンジ遊びをご紹介します。

レスキュー隊は仰向けで縄の下に入って縄を持ち、手を交互に動かして

縄をたぐり寄せるようにして上っていく動きの遊びです。

アレンジ遊びでは、新聞紙などの上に子どもがしゃがんだ姿勢で乗り、

縄を持ったらたぐり寄せるようにして前に進んでいきます。

子どもが乗る物は、新聞紙や雑巾などよく滑る素材を使いましょう。

 

自分でたぐり寄せていくことが苦手な子は、

両手で縄を持ったら、反対側を大人が引っ張ってあげます。

これでも、腕の引き付ける力が育ち、左右に倒れないように

バランスをとることで腹筋や背筋も刺激することができます。

 

その子に合った段階の遊びを提供し、スモールステップで進めることで

子ども達は運動を嫌いにならずに、能力を伸ばしていくことができます。