子どもが限界まで力を出して苦しい時は、それをそらしてあげるような楽しさを入れましょう。

子ども達に運動あそびを提供する時は、子どもが限界まで力を出せるように

遊び方を工夫することが、力の発達を促すポイントです。

例えば、鉄棒にぶら下がって腕の懸垂力を育てる遊びをする時には、

長い時間ぶら下がっていられることが大切になるので、

ぶら下がった状態の時に足元にボールやカップを投げて、

蹴る動きをプラスするのもおすすめです。

長くぶら下がって苦しい時に、カップをキックすることで

その苦しさをそらすことができます。

 

運動あそびプログラムの「さるのカップキック」をご紹介します。

鉄棒に腕を曲げてぶら下がり、膝を曲げて足も前側に上げます。

その足の先に向かって柔らかいカップを投げていくので、

両足一緒にキックします。

 

途中からキックする色を指定していきます。

「青と黄色は蹴っても良いけど、赤は爆弾だから蹴ってはだめ」や、

カップをUFOなどに見立てて、

「赤と黄色は敵だから蹴っても良いけど、青は味方だから蹴らないでね」

と、蹴って良い色と蹴ってはいけない色を指定します。

蹴ってはいけない色が来た時に体を止めることで、

抑制力を強く育てることができます。

 

慣れてきたら友達と競争するのもおすすめです。

このような遊びに発展させていくことで、

子どもは本気を出して取り組むことができ、

効果的に力の発達を促すことができます。