2つのことを同時に行なうと脳の司令塔である前頭前野が活性化します。

「2つのことを同時に行なう」ことは、

話を聞きながらメモをとる、一度に2つの料理をするといったように

日常生活の中でも多くあります。

これができるのは、脳の前頭前野の働きのおかげです。

前頭前野は脳の司令塔といわれていて、注意を促したり

行動を判断し、命令するといった役割を担っています。

一度に2つのことをするためには、2つのことに同時に注意を促し、

行動を判断し、命令しなければいけないということなので、

前頭前野は活発に働くのです。

 

私たちの運動あそびでは、この「2つのことを同時に行なう」力も

積極的に育てていきます。

「スキップしながら手たたき」遊びをご紹介します。

通常のスキップの動きをしながら、リズムに合わせて手を叩きます。

スキップの動きに手をたたく動作をプラスすることは

意外と難しく、かなり頭を使います。

タイミングを確認しながらゆっくり行い、

少しずつスムーズにできるように練習していきましょう。